2007年05月01日

歌うカナリア


笑うことって大好きです。

『人生において笑うことなく過ごした日々があれば、
それは最も無為に過ごした日であることは疑いない』

と、フランスのシャンフォールという文学者は言っていますが
それは本当に疑いのないことのように思います。


笑わない人間は、歌わないカナリアのようなもの。
せっかくキレイな声をもって生まれたのだから、
歌わないなんてもったいない。
自分が歌う気にさえなれば
どこまでだって音は響くはずなのに。


先日こんなことがありました。

朝6時40分からオフィスで働いていて、
目が痛くて肩がこって身体が硬くなったころ、
ちょうどお昼のお弁当を買いに外にでることに。

「あぁー疲れた」なんて肩をコキコキ、
それだけならいつもと同じ風景なのだけど、
正面から歩いてくる普通の格好をしたおじさんが
すれ違いざまにボソっと一言。

「えんじょぉーい」

と、つぶやくじゃないですか。

それはもしかしたら私の聞き間違いで本当は
「よしこぉぉい」だったのかもしれないし
「どすこぉぉぃ」だったのかもしれないし
あるいは全然別の言葉だったのかもしれません。

でも私にしたら笑わずにはいられなかったし
「もっと “えんじょい” しなさい!」と
何か大きな力にひっぱりあげられるような気分がしました。

そして自分が楽しもうと思っただけで、
どんなに午後の時間が素敵になったことでしょう。


私は思うのですが、こんな風に意識を変えることって
実は全然難しくなくて、自分の選択次第で
本当に、いくらでも変われるのだと思います。


「だって仕事は忙しいし、毎日そんなに面白いことなんてないですよ」


なんて、そんなことは絶対にありません。

世界は真面目に綺麗だから、
その気にさえなれば、いくらだって開かれていく。


人生は選択の連続だというならば、
その選択こそがギフトなのかもしれません。



なんだか思索的な文章になってしまいましたが、
最後に、私が大好きな人から教えてもらった
アルバート・アインシュタインの素敵な言葉を書いておわります。


“There are only two ways to live your life.
One is as though nothing is a miracle.
The other is as though everything is a miracle.”

私たちの生き方には、2通りしかない。
奇跡などまったく起こらないかのように生きるか、
全てが奇跡であるかのように生きるかである。



だからどうかカナリア、いつまでも私のそばで歌ってほしい。

全てが奇跡であるように、ありつづけるように。





at 23:47|PermalinkComments(0)

2007年04月24日

君のことが大好きだ


突然ですが、私の本籍は兵庫県にあります。
理由はかんたん、父親の実家が神戸だから。

おかげで住んだこともないくせに、
小さい頃から神戸や大阪には特別な親しみを持っていました。

あまり頻繁に行き来はしてこなかったけど、
従兄弟や幼馴染や親戚がたくさん大阪・神戸に住んでいることもあって
いつか関西弁がしゃべれるようになる夢も未だに捨てきれません。笑


今回、大阪に住む従兄弟が子どもを産んだと聞きつけて
初めて一人で遊びにいくことに決めました。

目的は彼女の子どもに会いに行くことと、
家に4匹もいる巨大な猫と遊ぶこと。
それ以外はノープランな旅だったわけだけど、
本当に楽しかったな。


私は子どもが大好きです。

昔から大好きで、その気持ちはずっと変わりません。

言葉にできる理由なんて思いつかないけれど、
澄み切った空のように純粋で、どこまでも透明な
すばらしい存在だと心から思います。

子どもが楽しそうに笑っている姿を見ると、
笑顔を通り越して泣きそうになってしまう自分がいます。

なんでなんだろう。

生後5ヶ月の赤ちゃんと4日間も一緒に過ごしたのは
初めてで、本当に本当に赤ちゃん大好きになってしまいました。

大阪からかえってきてしまった今、
さみしくてさみしくてたまりません。泣


この先、彼の人生が素晴らしいものでありますように
なんてふと思ったけれど、そんな私の祈りなんて
全く必要ないんだと改めて思い直しました。
というのは、そんなことを祈る必要なんてないくらい
彼の人生はすでに素晴らしく、キラキラと煌いていたからです。

むしろ、彼に出会ったことによって、私の人生が
彩度と明度と輝度を増してしまったくらいです。



だから、ありがとう、赤ちゃん。

baby2.jpg



君のことが大好きだ!

baby.jpg



at 01:17|PermalinkComments(3)

2007年04月15日

同じ空をみあげる幸せ


近況報告という意味でブログを書くのは久しぶりです。

私は文章を書くのが好きなので、
言葉を前にすると、無駄に考えこんでしまうことも多くあり
あんまり片手間に書くのは得意ではアリマセン。

だから忙しくなると時間がなくて、
暇すぎると書くことがなくて、
更新が滞りがちになってしまいます。

文章を書いていると、滲んだ墨みたいにぼんやりとした毎日に
くっくりと濃淡ができることはちゃんと知っているはずなのに、
一旦ぼやけ始めるともはや境目をなくした日常は
輪をかけて滲んでいくばかり。

でも、それでもそんな私のくだらない戸惑いなんて
一掃されてしまうから、春の息吹は本当に偉大ですね。

そんなこんなで。

続きを読む

at 21:42|PermalinkComments(0)

2007年03月28日

合コンの風景


突然ですが、引越しって大変です。

やっと逗子に戻ってきたのはいいけれど、2年間分の荷物を
全部一緒に引き連れて帰ってきたので、全然部屋に入らない。

しかたがないので、徹底的に部屋を改造することにしたのですが、
これがやりはじめると、もう、ホント、途方もないくらいに、果てしない。
新しいものを入れるためにはまずスペースを作らなければならず
今は部屋中ひっくりかえして整理しています。

掃除も整理も好きだけど、ダンボールに埋もれて、しむよっー!!泣


ただ、やはり過去の地層を発掘しているのは楽しいものです。
アホらしいものから、切ないものまで、そこには過去の自分との
様々な出会いがある。

さっき、一体どんな地殻変動が起こったのか知らないけれど
留学関係の断層から、大学1年の時にサークルの夏合宿でやった
一発芸の台本がでてきました。

といってもオーケストラではなく、テニスサークルのほうです。

そのテニサーは、新入生が宴会の出し物で「一発芸」を
披露することを義務付けられていて、当時18歳だった私は
いきなり青春のため息をつくハメになりました。
そういうのって、ほんと苦手です。

でも最終的に、その時の一発芸は新入生の女の子がみんなで集まって
コントをやることなり、結果的にはとても楽しむことができました。

結局、テニサーは音楽のおもしろさに負けて1年でやめてしまったけれど、
こんな風に笑ってた時があったことを思い出せてよかった。


…というわけで、その思い出に石碑をたててあげるために、
思い切って台本を全文を載せてしまいます。笑

ものすごく長いので、暇なときに読んでくださいね。

コントの内容は、「合コン」。
男女3対3の、合コンでの出来事です。

続きを読む

at 03:45|PermalinkComments(5)

2007年03月07日

私らしい私の髪型


先日、切るつもりのなかった髪を切ってしまいました。
うっかり、きっぱり、ばっさり。

最初は違和感があったけれど、昔はずっと短かったので
なんだかんだいって、やっぱり短い髪はしっくりきます。

とにかく昔に戻ったみたいで懐かしい。
髪を切ると気分もさっぱりするって本当だと思うけど、
懐かしい気持ちになったのは初めてだな。

懐かしんでいると必然的に同じ髪型をしていた昔を思い出すけれど、
あの頃と今では、私がみている風景は大きく変わったように思います。


うまくいえないけれど、今は、あの頃よりも
色々なことを許し、手離せるようになりました。

これを成長と呼べるのかはわからないけれど、
少なくとも私にとっては、そうして見えてきた風景が
私にとても優しいです。

とめどなく伸びてゆく時間のグラデーションを
ぱつん、ぱつんとある点で切って比べてみると
いつのまにかかわってる。

この短い髪が私の「点」となるならば
私は何度でもこの髪型に戻ってこよう。


私らしい私の髪型。

続きを読む

at 01:11|PermalinkComments(0)