2006年12月12日

かつら画伯

とある事情があって、仲良し2人とミッキーの絵を描いて遊んでいました。
そのときは本当にぼろくそ言われて、かなり悔しかったから
ネットで本物参考にしながら描いてみた。

あまりにもうまくかけちゃったので、
思わずアップしちゃいます。

調子にのって、別の友達に転送したら

「暇だね・・・」といわれてしまいました。

確かに。苦笑


続きを読む

at 19:43|PermalinkComments(1)

2006年12月11日

猫にカリカリ

前回、機械じかけの犬を産んだ という

衝撃的な夢をみたけど、今度の夢もなかなかユニーク。


それは、キャットフードを乳首から出す というものでした。

私の想像力ってすごい。

目の前に、かつておばあちゃんちで飼っていたムーティという
シャム猫がお腹を空かせて鳴いています。

私はなんとかしなければ!と困惑しているのですが、
ふと自分の胸をみる、なんと、あの例のブーメランの形をしたカリカリ餌が
自分の乳首の先端から 一粒ずつでてくる じゃぁないですか。

それをムーティがパクパク食べるという夢。


前回と同様、なんで夢を見ている時はその異様さに気が付かないんだろう。

ってゆーかやっぱり普通に恐いですよね。

大丈夫かな、私。笑


at 01:02|PermalinkComments(5)

2006年11月28日

愛のあるメール

先日新聞を読んでたら、「iのあるメール大賞発表」という
ドコモの広告を発見しました。

読んでいたら、本当に沢山の i を感じられて心がとても温かくなった。

どうせネットにも公開されているだろうともって調べたら
やはりあったので、紹介しておきます。

i のあるメール大賞


私が好きだったのは、準グランプリの中の
「おしえてくれ」と「警告」というやつです(全部読んでないけど)。
お暇でしたらご覧下さい。
お父さんとってもかわいくて、思わず顔がほころんでしまいました。


メールでしか伝わらない愛の形はきっとある。


at 23:34|PermalinkComments(2)

2006年11月20日

機械仕掛けの犬

また夢をみました。

今日は自分が妊娠し、出産をする夢。


普通に生活してたら、突然お腹が膨れだして、
まるで猫の子のように次から次へと赤ん坊がでてきます。
なんてグロテスク。うぇぇ。

一人目は男の子。
二人目も男の子。

でも驚愕することに

三人目は 機械仕掛けの犬 でした。

口が、

ウィーン・ガチャッ
 ウィーン・ガチャッ  ……オギャァ。

と動いている様子をみているのは
なんともいえない複雑な気持ちだった。


ねぇ、神様。

せめてもーちょっとマシな夢じゃだめですか。



at 15:34|PermalinkComments(0)

2006年11月18日

赤い傘と助けられなかった彼

私はにその昔、自分の笑い声で目を覚ますという
それはそれは幸せなクセがありました。

「ふふふっ」と、自分の声で目が覚めた朝は、
おかしな自分がおかしくなって、また笑ってしまう。

夢の内容はいつも覚えていないけれど、
そんな朝は私にとても優しいものでした。

でも。

最近は、笑い声どころか 叫び声 で目を覚ますことが
よくあります。

その声が思ったよりも大きくて、目が覚めた後
なんだかいつもより張り詰めた(ように感じる)空気の中で、
自分の喉がヒリヒリするのを感じてる。

よく漫画とかドラマでは、悪夢にうなされて大声で目を覚ますシーンを見るけれど、
こういうことって本当にあるんですね。


というわけで、夢のお話し。
続きを読む

at 14:20|PermalinkComments(0)