2004年07月30日

世界で一番深い旅

今日は映画「DEEP BLUE」を六本木ヒルズまで仲良しと見に行きました。タイトルはどっかの広告で使われていたキャッチフレーズです。世界で一番深い旅。

映画はとてもキレイだった。美しい映画だと思います。見ているときはまったりみてしまうんだけど、見終わった後いろんなシーンを思い出すたびに、もう一回みたくてたまらなくなってきます。あんなことが本当に現実にあるんだろうか、って確かめたくなるのかもしれない。

寒さに耐えてるペンギン君がかわいかった。-50度の世界でひたすらに卵を守るために3ヶ月間断食をするそうです。その間何を考えるのでしょうか。やっぱり「まっじ、さみーよ。やってらんねーよ、まったく。なんでオレがこんなことをしなきゃいけねーんだ?うぉ、やっべ。うかうかしたら外側においだされちまうぜ。おっと、左側が寒いと思ったら、隣のやつ死んでんじゃねーか」とかなんとか、-50度の中で、それでも世の中の理不尽さを訴えてるんですかね(笑)

あと深海はやっぱりすごいと思ったな。海底なんてCGにそっくりだと思ったけど、それはCGほうがすごいんだろう。
みたこともない世界があって、みたこともない生物がいる。神秘的という言葉が世界で一番似合うのは、「海」という言葉だと私は思います。

どうでもいいけど映画を見ている途中、深いところまで行き過ぎて、10分くらい深層世界までいってしまいました(笑)。これぞ世界で一番深い旅!旅人の旅は続きます。
(ってゆーかおこしてよー。>とおる、けんたろー.泣)

at 04:33│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字