2004年11月19日

日光・追記

私と母親は、旅行などの特別のイベントがあるときに、なにかとツイテます。
そんな2人が一緒に旅をしていて、ラッキーなことが何も起らないわけがない。

実はココだけの話、今回レンタカーのカーナビこわしちゃったんです。
フロントガラスにせり出した感じで備え付けてあるカーナビが、運転中に邪魔でしょうがなかった。そこで、首を下に向けようと思ったら、ボキッと穏やかではない音が…。苦笑

すると、見るも無残にカーナビが根元からボタっと落ちてしまいました。
残念!切腹!笑

必死でもとに戻すも、ちょっとキツイカーブを曲がるたびに度に、ガシャンと落ちてしまいます。
するとそのうち、最初はなんとか動いていたカーナビ君も、ついにその長い道案内人生に幕を閉じるときがやってきました。

壊してしまったものは悩んでもしょうがないので、どうやって返却時を乗り切るか試行錯誤。
そしておそらく誠実な人間の大半が使う手であろういいわけを考えました。

「なんかカーナビ壊れてたみたいで、とれちゃったんですけど…。」

すると店員さん

「そうなんですか。ごめんなさい。たぶんネジが緩んでたのかもしれません。」

というわけで2時間分の延長料金3500円がただになってしまいました。

これをラッキーと喜んでいいのか、ちょっとだけ疑問が残らないでもないですが
とにかくツイテることにはかわりねぇ。

まさか、「す、すみません。実はカーナビにトドメをさしたのは私なんです。
3500円の延滞料金に加えて、せめてあと3500円修理代のたしにしたください」
なんていうわけもなく、今回もこのラッキーに感謝!

at 01:50│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字