2005年02月26日

過ぎてしまった時間は早送りで。

こんばんは。しばらく間があいてしまいました。
台湾のことを書く前に、せっかくだから、映画とスノボのこともちょこっと書いておこう。
過ぎてしまった時間は、早送りで。

----------------------------------------------------------------------
■2月18日(金)
この日は本来なら一日バイトする予定だったのですが、相手のミスでまた急にキャンセルに。
この会社の研修担当の人は、本当いい加減にしてほしいです。
あんなやり方じゃ被害を受けている側でさえ、「この会社潰れるんじゃないだろうか」って
本気で心配になってしまう。まぁ、余計なお世話なんだろうけど。

とにかくこの日はバイトができなくなった。でもそのおかげで、ビオラの先輩と『トニー滝谷』を見に行くことができました。捨てられる神あれば、拾われる神ありデスネ(ちょっと違う.笑)。
脱力感がピークだったので、この先輩が会ってくれてホッとしました。ありがとう。
映画も、村上春樹の温度を損なわないできだと思ったし、なにより宮沢りえがかわいくてよかった。
あんに人の目をひきつける日本の女優さんを、私は他に知りません。
映画のあとは、ラーメンを食べて解散。そしてスノボウェアを借りるべく友達の家に向かいました。



■2月19日(土)
19日は人生初スノボです。なんと志賀高原まで日帰り。ものすごい強行スケジュール。
1人が経験者で3人が初心者だったので、みんなのペースはバラバラです。
ってなわけで、大半は一人ですべってました。おかげでかなり自己流だし、全然かっこよく滑れないし、転びまくってお尻が痛くてたまらなかったけど、とにかくとことん楽しめました。
オキアガリコボシのごとく、滑っては転び、転んではまた滑ってた。
あまりにも早くこのサイクルを繰り返していたから、突然、ピシッとかいって、びてい骨が崩壊するんじゃないかと本気で心配になってしまったほどです。こわいこわい。笑

でもなんだって始めてのことは楽しい。
私は疾走感というものがたまらなく好きです。
走るのも、自転車に乗るのも、ジェットコースターに乗るのも、窓をあけて車を運転するのも、
とにかく風をきる感覚がたまらなく好き。そいういう意味で、雪山は最高ですね。

誰よりもかっこ悪かった自信があるけど、同時に誰よりも楽しんでいた自信もあります。
楽しければ、それでいいまる

ただ一つの教訓は、スノボは日帰りでいくものではないということ。
私の「スノボやりたい熱」は、4時間やそこらでは満たされません。
スノボやりたい。また行きたい。滑りたい。疾走感を味わいたい。
むしろ風になりたい。ひゅ~るり~笑

ちなみにその後、極度の筋肉痛に悩まされたのはいうまでもないことです。
痛いのなんのって。あやうくイタイイタイ病かと思いました。
人生最大級の筋肉痛にみまわれたけど、とにかく痛さすら楽しくなってしまうような、
長くて短い一日でした(おそまつ)。
-----------------------------------------------------------------------

次は台湾だ。



at 03:57│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字