2005年07月29日

チャンピオンは誰だ。

夏なので、ちょっと涼しげなスキンに変えてみました。あー、涼し。

でも内容はうってかわって、熱い話題。


先日新宿コマ劇場で開催されている、「We Will Rock You」を観にいきました。

HPから内容を抜粋すると、つまりこんな感じ↓↓のミュージカル。
---
2002年5月にロンドン・ウェストエンドのドミニオン・シアターでオープンしたミュージカル「WE WILL ROCK YOU」。本作品はQUEENのメンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが構想、ステージデザイン、全役者とミュージシャンのオーディションに至るまで全面的に監修。まさにQUEENによるQUEENのミュージカルです。「ボヘミアン・ラプソディ」「伝説のチャンピオン」「キラー・クイーン」「レディオ・ガ・ガ」をはじめとする20数曲のヒット曲、そしてハイテクを駆使した臨場感あふれるステージは、既成のミュージカルの概念を打ち破った作品として、観客の圧倒的な支持を得ています。
---

既成のミュージカルの概念を打ち破っているかはよくわからないけれど、
まさにQUEENによるQUEENのためのミュージカルというのはうなずける。

ただ、実はわたくし、QUEENに関してはまったくの初心者。
「QUEENって名前は聞いたことあるけど、どんな曲歌ってるのかわからないわ」なんて
QUEENの熱狂的なファンが聞いたら殺されそうなくらい、とにかく右も左もわからない。

でもミュージカルの前に、QUEENのプロモーションビデオが会場内に設置されている
パソコンで自由に見られるようになっていて、それをしばらくみていたら、
最初の3分間で即席なんちゃって大ファンになってしまいました。笑

曲を聴きだしたら、耳に慣れ親しんだ曲ばかりで、とまらない。
なんだかわからないけど、わけのわからない情動に突き動かされる。
「これQUEENだったの!?これもQUEENだったの!!??」ってな具合で、
とにかく本番20分前からQUEENの全てに引き込まれてしまいました。

熱い!!熱いぜ、ロック魂炎 笑
まさにQUEEN OF MUSIC!


一言で音楽といえども、その表現形式は本当に多種多様ですね。
クラシックはメンタルな部分に、ロックはよりフィジカルな部分に訴えかけてくる気がします。
音楽の質、、、というよりも層が違うのかもしれません。

私は、クラシックばっかりきいていた人間だったので、とにかく2時間は
ロックのビートが気持ちくて仕方がなかった。

体の底から熱いものがこみ上げてきて、それはその後、ついに
カラオケという形をとって溢れてきてしまいました。

本当、ロック魂の火が燃え上がり、気持ちえかったわー。笑


いまさらですが、やっぱり歌はすごいです。
自分の声のエネルギーが、まったく別のエネルギーとなって自分に還ってくる。
まるで体中に風が吹き抜けて、再びカチっと自分の中の歯車がまわりだすような
心地よい感覚におちいりいます。

自らを表現する方法を何通りも与えられた人間は、
本当に幸せ者としかいいようがないのかもしれません。

あぁ、もうともかく、私の熱いpassionがロックのビートに波のりジョニ-で
本当にのりのりな夜でした。


img20050729.jpg

WE ARE THE CHAMPION


at 01:23│Comments(3)

この記事へのコメント

1. Posted by 横から尾っぽ   2005年08月08日 23:22
こんにちは桂さん
きっと夏休みは新しいお友達と楽しい日々を過ごされていることでしょう
Queenなら
グッド・オールド・ファッションド・ラバー・ボーイ
セブン・シーズ・オブ・ライ
は是非聞いてください。
出来る事なら全体合宿でお会いしましょう
では
横から尾っぽ
2. Posted by 桂   2005年08月09日 00:35
うっそ、まじで!!??
そんな、まさか!!!!!!
でも、もしかして!!!!!!
やっばい嬉しい。書き込みありがとう。
blogみてくれてありがとう。
いつになったらあなたに都内で会えるのかしら?
今でも卒演でとったツーショットは大事にもっています。笑
遊ぼうよ。夏だし。飲みまくろう。笑
3. Posted by 桂   2005年08月09日 00:38
ちなみに、CDベスト版なるものとちゃっかり買ったので(親が。笑)、オススメの曲是非きいてみます。教えてくれてありがとう。横尾くんはQUEENが好きなのかな?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字