2006年01月23日

Sunday

金、土は、泣く子も黙るような生活の崩壊ぶりでした。

「何かしなければ」とか「こんなんじゃだめだ」なんていう気持ちすら起こらない。

一体いつまで起きているのか、という時間までおもしろくもない
テレビをぼんやりと眺めつづけ、一体いつまで寝ているのか、
という時間まで、ただひたすら眠り続けました。
ベットから起きるのも億劫ならば、コタツからでるのはさらに億劫。

何もしてないのに、全身が疲れる。

挙句の果てには、2日間で発した言葉が、コンビニのお姉さんに
「お願いします」と答えた一語のみでした…。

時間の流れが奇妙に伸び縮んでいて、渦中にいる時は恐ろしく
短いのに、2日間を振り返ってみると、とめどなく長かった気がします。



でも今日は日曜日。


別にだからってわけじゃないんだけど、不思議と日曜の夜中から朝にかけて、
今度は仕事にとりつかれました。休憩もなしに、たんたんと
レポート書いたり資料作成なんかしたりして。

まるで中枢は死んでいるのに、非常電力で勝手に動き出した機械みたいだ。

おかげで寝るときには、やっぱり外は明るかったけれど、

「起きたら野菜を食べよう…」

なんて、かろうじで人間らしいことを思いつつ
眠りにつくことができました。

起きた時間は前の2日間に比べて3時間だけ早かったと思います。

起きたら、まずシャワーを浴びて、それから洗濯をしました。
洗濯ができるまでの間に、パンを一枚食べて、
訪ねてきた新聞屋さんとお話しをしました(今度赤ちゃんが生まれるらしいです…)。

洗濯物を干し終えた後、手がとても冷たくなってしまったので、
少しコタツで温めようと、散々座りつづけた席にまた落ち着き、
テレビの前でぼんやりとした時間が再び流れはじめてしまいました。
でも、

「やっぱり野菜を食べよう」

と、さっきよりも幾分強い意志をもって、テレビのスイッチを切りました。

外にでて自転車をこいでいる時は、とても寒かったけど
気持ちは少し晴れていた。

用事を済ませ、久しぶりに服なんかみて、
最後はいつもの西友で夜ご飯の買い物を済ませました。

帰りは自転車の籠に入りきらなくなるくらいの荷物をかかえて、家まで帰った。

そして、小1時間ほど料理して、
こんな↓感じのものをつくりました。

1.大根とワカメのサラダ
2.カボチャの煮物
3.卵ともやしと鶏肉と玉ねぎの炒め物
4.なめこのお味噌汁
5.バナナ(←料理じゃない)

思いのほかたくさん出来てしまったので、
時間をかけてゆっくりと食べました。おいしかったナ。

食器を片付けた後は、買ってきた服を着てみたり、
テレビをみたり映画をみたりして、今日という日は過ぎてきました。

そして少し泣きました。

きっと大丈夫。


at 06:16│Comments(5)

この記事へのコメント

1. Posted by 江原   2006年01月23日 13:42
私の知るかちゅらさんは、いつも超人的に頑張っている人なので、こういうことがあるんだと知って、ちょっと安心しました。
野菜中心のご飯がとても美味そうで、昼飯食ったのに腹が減ってきたよ…
2. Posted by 桂   2006年01月23日 16:42
江原さん
書き込みありがとうございます!
ご無沙汰しております。お元気ですか??
私もそんな風にいっていただけると、ちょっと安心します。
正直「こんなこといかいていいのかな」とちょっと迷っておりました。笑
今日も昨日の残りの野菜食べて元気出します!
またお会いしたいですね
3. Posted by 江原   2006年01月23日 18:54
申し訳ありません。
これまでの日記を読んでいませんでした。
とても悲しいことがあったのですね。
それを知らずに無神経に書いていました。
ご冥福をお祈りします。
4. Posted by babapon   2006年01月24日 21:19
少し 元気になったかな。 どうやら南瓜の煮物がお得意の様で 一度食べてみたいなーっておもいました。 しっかり食べて元気な桂さんに もどってくださいね。
5. Posted by 桂   2006年01月24日 22:27
カボチャの煮物おいしいよ!
教えてもらったとおりに作ってマス。
やっぱり簡単なのも魅力的だね。へへへ笑
今日もしっかり食べました。
また色々作り方教えてね!
カボチャの煮物でよかったらいつでも作るよ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字