2006年07月19日

不自由な記憶

笑い話です。

前回に引き続き、小学校ネタをもう一つ。

それは小学校3年生のときでした。
私のクラスには「グループ日記」というものがあり、
机が近い者同士が6人1グループとなって
一日交代で1人ずつ日記をまわしていました。

その日は私の担当の日で、朝書いてきた日記を先生にだし、
放課後に先生がチェックをつけたあとで
いつものように次の人にまわすハズでした。

その日、私が書いた日記のタイトルは、
「友達が引っ越しちゃった」というなんのヒネリもないもの。

当時同じマンションに住んでいた、一番仲のよかった友達が
静岡県に引っ越してしまったので、
そのさみしい気持ちを素直に書きました。

そのありったけの思いを日記にぶつけたのにっ!!!!

その日記は、きっと涙なしには読めない内容のはずだったのに
私のした失敗はものすごいものでした。


なんと、

「友達がひっこしちゃった」
「友達がしっこしちゃった」と書いたのです。

そんな、うそ、まさか、信じられない…。

昔から「男子」を「だんこ」と読んだり
「帰国子女」のほかに、「帰国子男」が本気でいるんだと
思っていたり、相当恥ずかしい間違いを犯してきた私ですが、
その中でも恥ずかしさを通り越して、
むしろ傷になっているのがこの間違い。


もちろん楽しみにしていた先生の感想はなし。
ただ、「し」を「×」で消され、上から「ひ」に直されて、
添えられていたコメントは、

「先生びっくりしちゃったよ」の一言。

そんなん私のほうがびっくりしちゃったよって話です。

とにかく先生が赤で印をつけるもんだから、
その後そのグループ全員に大笑いされたことは
火を見るよりも明らかです。
それをネタにできるほど私は大人になりきれなくて
ただ恥ずかしさで泣きたくなりました。

なんでこう小学校のことで覚えていることって
嬉しいことよりも、恥ずかしいことのほうが多いんだろう。
他にも恥ずかしい記憶ならたくさんあります。

人の記憶って、不自由ですよね。
この先、私の不器用な脳みそは、
何を捨てて、何を選び取っていくのでしょうか。


…いや、やっぱこんな受身なことじゃいかん。

決めるのは自分だ。

勇気と想像力をもって、このしんどい時期を乗り切ろう。


at 07:32│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by babapon   2006年07月20日 19:08
忘れたい事の多さにどっぷりと 浸かっている私。でも 若い君は 思い出に換える術を 会得するはず。 
2. Posted by 桂   2006年07月21日 00:10
書き込みありがとう!
思い出に変える術……たしかに。
「いつか笑える時がくる」というのは
一見楽観的なようで、実はすごく重要なことだよね。
このblogの話も、笑えるだけよしとしよう。笑
3. Posted by 江原   2006年08月02日 00:27
江戸っ子の発音なんでしょう。
4. Posted by 桂   2006年08月02日 02:31
江原さん、書き込みありがとうございます。
そうそう、笑いのセンスが分かっていない先生にこそ、
問題がありますよね。笑
江原さんみたいに、「江戸っ子の発音」とかいって、
フォローしてくれるくらいの(またはこっそり教えてくれるとか)
力量があればよかったんだー。
てやんでぇーい。笑

コメントする

名前
URL
 
  絵文字