2006年10月29日

ワイルド・スワン

「ワイルド・スワン」という本をご存知ですか?

激動の中国を生き抜いてきた親子3代の史実です。

一行で書こうと思えばできてしまうこの説明の中に、
一体どれほどの痛みが沁みこんでいるのか
いくら想像しようとしても、ただ胸が引き裂かれるばかりでリアリティが全くない。

私がこの物語に関してあれこれ意見を述べるなんてことは
とてもできないけれど、ただ思ったのは、
無知とは本当に恐ろしいということです。

「何もしらない。だから知ろうとすることが大事だ」

なんて今までは思っていたけれど、
実はそう思うことで、私はむしろ本質から遠ざかっていたのではないだろうか。

自己満足で終わらせないためには一体どうしたらいいんだろう。
それを考えることでまた本質から遠ざかりはしないだろうか。

そんなことがぐるぐる頭を巡りはじめる。



昔から歴史は大好きだったけれど、
その理由はそこにロマンがあるからで、
実際の授業は「○○年に××で△△が起こりました」
というものの繰り返し。
だから一夜漬けで詰め込んだ即席知識は、
今も私の中に古ぼけた「点」としてしか残っていない。


でもそうじゃない。

私が今ここにいることはそうことでは全然ない。


いまさらだけど、初めて歴史とは「線」であり
その線は他でもない、この私に続いているのだ
ということを実感しました。


大切なのは、「真実を知ろうなんて格好つけた姿勢ではなく、
たった一冊の本を手にとる行動なのだ」と、
当たり前のことを改めて考えさせられた。


今回この物語の語り手であるユン・チアンという女性の目を通して、
彼女たちの人生がどういうものであったのか、
どのような時代を生き抜いてきたのか、
短くない時間の流れの中で、
一つの視点からみることができました。

この物語にこんなにも惹きつけられたのは、
それが現実に起こったことであるということと、
極限状態の中でも決して屈しない人間の強さ、
愛、崇高さを語っていたからです。

そして最後に一つの問いかけ。

もし本の中に書かれているような状況に私が直面し、
人間らしい生活のすべてを剥奪されたとしたら、
最後に私の中にも残るものはなんだろう。
果たして何者にも奪いされることのない何かが
私の中にも残るのだろうか。

答えはまだわかりません。


でも想像することが逃げないで、
彼女たちの経験が私にうったえかけてくる声に耳を澄まし
DNAよりも、魂よりも、深く深く
心に刻みこみたいと思います。


・・・と、この文章もずいぶん前に書きました。
本を読み終わったばかりで、幾分か温度が高めですが、

ようは何がいいたいかというと、

「オススメの本なので、是非読んでみてくださいまる

ということです。

我ながらずいぶん熱く語ってしまって、すいません。笑


at 15:39│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字