2006年11月17日

新聞屋さんに感謝

私は現在、某新聞をとっています。

一人暮らしを始めた当初は、新聞を読む習慣もなければお金もなかったので
「勧誘には絶対のらない」と心に決めていました。

でも月1000円というありえない甘言をささやかれて
あっさりとOKしてしまった私は、こんなにも現金な人間です。

始まりはいつもこんなもん。

でもおかげで毎日新聞読むくせがついたし、
新聞から学ぶことは本当に多いし
何よりとても面白い。

読んでいるだけで、少し頭良くなった気にまでさせてしまうから
新聞は偉大です。


だから月1000円なんていわないで、
ちゃんと4000円を払ってあげてもいいんだけど
向こうが毎回「1000円でいいから更新してください」というので
あえて「いえ、今回からは4000円でいいですよ」とは
貧乏学生にはいえないのでした。ごめんね。


そして今日はさらに大量の粗品をもらってしまった。

pict0088.jpg

・トイレットペーパー4個
・ゴミ袋 たくさん
・飲み物 たくさん


これって普通にかったら絶対2000円くらいしますよね。

「はい、これどうぞ。僕、女の子には甘いんですよね。はは」

なんてニコニコしながら笑うSさんの笑顔が
私にはまぶしすぎてみられませんでした…。

契約を更新することは分かっているのに、
「12月はやめるお客さんが多くて、お店が潰れるか
潰れないか本当につらい時期なんです」なんていわれると
本当に大変なお仕事なんだな、と思ってしまう。


与えれば与えるほど欲張りになっていく
お化けみたいな、この消費大国相手に
ペン一本で闘う勇士達の、なんと愛しいことか。

Sさんをはじめ、記者さん、配達員さん、回収員さん、リサイクル業者さん

めくるめく情報を私に毎日留めてくれる、
その全てに関わる人たちに感謝します。

どうもありがとう。

そして粗品をありがとー。笑


at 02:08│Comments(3)

この記事へのコメント

1. Posted by もりや   2006年11月18日 04:28
1千円・・・ 
そ、そんなことが可能とは。。。
今度勧誘がきたら交渉してみようかな。。。
でも、時々間違って新聞入れて行くんだよねー(^_^;)
2. Posted by katoshu   2006年11月18日 09:28
> そして粗品をありがとー。笑
うちはよく、新聞屋さんのくれる洗剤だけで、なんとかなるんじゃないかくらい、アタックとかもらってたよw
新聞って、そのものからの収入よりも広告収入の方が大きいから、契約数が多いと収益も増えるモデルっぽい。
(だから1000円でもなんとかなるっちゃなんとかなるみたい)
3. Posted by 桂   2006年11月18日 14:17
>もりやさん
それがどうやら可能なんですヨ。ポイントは「私は絶対新聞とりません」と最初から断固としたオーラを出し、何気なく「だって高いんだもん」と付け加えることかな。笑
図らずとも、私の場合はそれでうまくいきました。本当のこというと、実は最初は3ヶ月だけの約束で、その時は月1500円だったんです。で、3ヶ月の更新時に「もうとりません。3ヶ月の約束だったじゃないですか」っていったら、「じゃあ1000円でいいんで」ときたもんだー。
私ってなんて浅ましいんだろう・・・書いててなんか落ち込んできた。
>katoshuさん
粗品本当に馬鹿にならないですよね。ありがたや、ありがたや。
上の事情というよりか、契約数は勧誘員さんたちの給料にモロ反映するらしいですよ。だから差額分を自腹ではらったとしても、契約を1件獲得するほうが結果的には得らしいのです。
でも2回目からは、偉い人(Sさん)がくるようになって、最初から「1000円契約」にしてくれました。個人の自腹ではなさそうなので、今もあやかってます。
ありがたや、ありがたや。笑

コメントする

名前
URL
 
  絵文字