2007年07月21日

私の小さなボーイフレンド


この前、お仕事で一時保育に行きました。

保育するのは2回目の4歳の男の子だったのですが
1回目が終わったときから、私はこの日を待ち望んでいた。

本当にかわいい子で、彼といると、最近何をするよりも
一番楽しい時間を過ごしていることに気がつかされます。

「先生さようならー」

ろくに後ろも振り返らないで、外へと駆け出して行く彼。
そしてすぐに私のほうを振り向いて

「ねぇ、フローレンス、かくれんぼしよう!」

の一言です。

そう、先生が私のことを「フローレンスからきた大野さんよ」
と最初に紹介したら、なぜか私のことを「フローレンス」
と呼ぶのです。なんてかわいいの。
ずっと、あなたのフローレンスでいさせてほしい。


いーち、にーぃ、さーん・・・私は目を閉じて数を数えます。

そして、目を開けると、なぜか

私の目の前にいる彼。


思わず「みつけたー!」と、ぎゅーっと抱きしめると、
声を出して喜んでくれます。

その後、公園で1時間あまりも遊んでしまいました。
彼が帰りたがらないので、うっかりお父さんかお母さん
先に帰ってきてしまったらどうしようと、
実は最後の方は気が気じゃなかった。

結局、どうしても帰りたがらないので、
彼をかかえて、思いっきり幹線道路沿いの歩道を走る私!

人の目も、「ねぇねぇフローレンス。もう一回やってよぉー」
の声には勝てません。


そして家についたら彼のおうちで保育開始。
着いたときにはもう8時をすぎていたから
急いでご飯を温めてあげました。

その日のご飯は麻婆豆腐。

あ!まーどーぼーふ!

と、嬉しそうに叫ぶ声を聞き、
私が吹き出したのはいうまでもありません。


ご飯を食べ、片付けが終わったら第二ラウンドの始まり。

ぐるぐる回したり、車のおもちゃで遊んだり
本当に本当に至福の時間です。

しかし、ふとと気がつくと急に黙り込んでしまう彼。

いったいどうしたのかと尋ねても、返事はありません。

ねぇ、どうしたの?大丈夫?どこか痛いの?


そしておもむろにでた、衝撃の一言。


「ねぇフローレンス。あの玄関にいる人はだれなの??」


・・・。


・・・・・・。



うぎゃぁぁぁぁぁぁーーーー


ちょーーーーーーーーーこえーーーーーー。



何か見えんのかな。

ってか、何かいんのか!?

それってやばいんじゃないの!!?

ってゆーか、すごい怖がってるんですけど。


もう、数秒間頭真っ白。

彼が部屋中の電気をつけ始めるので、
いよいよリアリティがましてきました。

仕方がないので、だっこして
必殺兵器「しまじろう!」

でも、私が自分の怖さを紛らわすために
本気でしまじろうの世界に入り込んで
必死で平和の賛歌を歌っていたことは間違いありませんでした。


子どもが「見えないお友達」を持つという話はどこがで
聞いたことがあるけれど、
まさかこんなところで出会えるとはね。


ねぇ、私の小さなボーイフレンド。
もし私にもその友達が見えたら、
もっとうまく君を守ってあげられるのに。

だから、お願いフローレンス。
どうか私と一緒に、彼と、彼を怖がらせる友達を
やさしく包んであげてほしいよ。


505_1.gif





at 22:34│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by えりこ   2007年07月22日 17:32
その男の子とってもかわいいですね{ハート}
フローレンスなんてステキな呼び方で呼んでくれるなんてもうメロメロになっちゃいますよね{音符}
そのお友達は空想の友達?!
それとも・・・!!??
見えていたらとっても凄い!!
2. Posted by 美舟   2007年07月23日 21:47
かわいい日記!!その男の子、かちゅらと遊べて超幸せ~って思ってしまうのは私だけ??
でも、その見えないお友達のことはまったくそれから分からないの??子どもってスゴいね{パンダ}

コメントする

名前
URL
 
  絵文字