2010年02月04日

美しい夢

今日、美しい夢をみた。

とても美しい夢。

そこは海辺のコテージで、私はテラスから海をみている。

光がとても暖かくて、目の前には青い海と白い砂浜だけが広がっている。

聴こえてくるのは、風と波の音だけ。

私は私と仲良しで、とても満たされていた。


するとやがて、たくさんの生き物たちが海を渡っているのに気がつく。

キリンやゾウたちが長い列をなして、左から右にただただ泳いでいく。

とても静かで、とても美しい風景。

私はその流れに魅入られていた。

しばらくすると、列から少し離れたところでバクが一匹泳いでいるのを見つける。

私はそれをみて、隣にいる彼に「ねぇ、バクも泳いでるよ!」

なんて話しかけている。


そこで目がさめた。


朝おきたら、久しぶりに天気も良くて、とても幸せな気分になった。

さっそく隣に寝ている彼に「ねぇ、こんな夢をみたの」なんて興奮気味に話したら、

「本当に美しい夢だね。鞄まで泳いでるなんてすごいね」なんて見当はずれなことをいう!

どうやら「バク」と「バック」を聞き間違えたみたい。

「バックじゃなくてバクだよ!」って何度言っても
「バクってなんだっっけ?」なんて、嗚呼、現実は夢よりこんなにも美しくない。

私の説明も、「豚みたいな体に、アリクイみたいな鼻があるやつだよ・・」
なんてさっきの美しい夢はどこへやら。

でも現実は夢よりは美しくはなかったけれど、夢よりも温かかった。

仕方ないから、今度彼を動物園に連れて行こう。


at 00:23│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by yuripon   2010年02月06日 21:22
すてきな夢。すてきな現実!わたしもたまたま今日、かもめや小動物やピューマがいっせいにでてきて、流れるように私のほうにやってくる夢を見た。なんだかシンクロしてるね。{犬}{鳥}

コメントする

名前
URL
 
  絵文字