2004年07月

2004年07月22日

哲学するタイヤキ

もう思い出せないくらい昔の日記に書いたことだけど、

「悲観は気分だけど、楽観は意志だ」

という言葉は、本当に実践するのが難しいと最近思う。


「およげタイヤキくん」は、毎日毎日鉄板の上で焼かれて嫌になっちゃったタイヤキくんが、ある朝店のおじさんと喧嘩して海に逃げ込む歌です。そして海の底では毎日毎日楽しいことばかりだったんだけど、腹ペコになってつい釣り針に食いついてしまい、結局最後には釣り上げたおじさんに食べられてしまう歌。

実はけっこう暗い。日常から逃げて遊んでいてもお腹は膨れず、逆に世間に食われてしまうのがオチだという現実逃避を戒める寓話としてもよくできている(らしいです)。

でも海を夢見るタイヤキくんて素敵じゃないですか。
もちろん一言じゃくくれないことかもしれないけど、「悲観=鉄板」「楽観=海」なんてちょっと考えた。自分の気持ちのあり方で、どうにかなることなんていくらでもあると思う。

頑張るだけじゃなくて、やっぱり楽しまなくちゃ、頑張る意味さえわからなくなってしまうんじゃないだろーか。
いろんなことを考えるそんな毎日。ちょっとおかしくなってるのかもしれないです。

at 03:38|PermalinkComments(2)

2004年07月20日

線香花火しゅぱしゅぱ

bn9vj3oa.JPG今日も暑かったですね。なななと39度だとか。
私は夏よりも冬のほうが断然好きです。こんな炎天下の中でサッカーをしている少年達(といっても、同じ大学生)を見ていると、私も頑張らなくては!という気持ちに・・・・・なんてなるわけもなく、自分の残り少ない活動力まで彼等に奪われていく気がします。

でもラジオで聞いたのですが、イラクのサマワは59度だとか。一体どんな世界なのか想像つきません。-39度と-59度の違いはあまりピンとこないけれど、39度と59度では訳が違います。今日より20度も暑いなんて、本当に「…というわけで、全てはドロドロと溶け出してしまいました」といわれても私はそれほど驚かないと思う。
車のボンネットで目玉焼きができるらしいですが、そこには「わーい、目玉焼きできたぁ!」なんて喜ぶ人は、一人もいないのでしょう。

夜も夜で寝苦しい日が続きます。そこで、ヒミツの七つ道具その①線香花火登場(意味不明.笑)
線香花火は綺麗です。だた私思うんですけど、最近の線香花火は軟弱でイカン(>_<)
皇居の外堀でやってて、風が強かったというのはあるのですが、大量にあったのについに最後までいったのは一つもありませんでした。あんなにポタポタ落ちていく中で、おそろしくて「線香花火占い」なんてやってられん!
ちなみに線香花火占いとは、「線香花火の火がおちたら、本番でも落ちる」という、なんとも恐ろしい占いらしいです。超こぇぇぇぇよーー困った
我こそは!と思う人は是非やってみてください。でも危険が大きいので、ブラ1に乗る人はやらないでね。笑

とうわけで本日の画像は、某新聞記者さんのリクエストにお応えして、某クラリネット吹きの口で線香花火です。私が記者さんのインタビューに答えている間中、一人でなんとか写メールに画像をおさめようとしていた姿に心を打たれたので撮ってあげました(笑)
このあと「熱い、熱い」いってるのが面白かった。バカですね。

at 22:53|PermalinkComments(0)

2004年07月18日

痛かった。

wp3us6ri.JPG今日はチューナーを買いに御茶ノ水までいきました。そこで突如目の前に現れる明治大学!
明治大学の法科大学院は新しくできたらしく、とても近代的できれいな建物でした。中をちょっと覗いてみたら、なんと地下が博物館になっていて、しかも一般に無料公開されているというじゃないですか。「こりゃーいかない手はない!」ということで、るんるん気分で入りました。私は博物館とか美術館が大好きです。

思ったより内容が充実していて、とても面白かった。中でも「刑事」というコーナーが興味深かったな。ここは、昔の犯罪者がどういう風に扱われていたか、、、つまり拷問道具がたくさんあって、それがどういう風に使われたかが展示されていました。目の前にその物があると、とにかく体中が痛くなってくる。人間の残酷さを身をもって実感します。
昔読んだお笑いマンガで、「石を抱かせる」というシーンが面白おかしく描かれていましたが、実際はあまりの痛さに失神してしまうそうです。一緒に展示されていた絵は、グロすぎでコメントできません。

一番ズシンときたのは「鉄の処女」。中にはすごく生々しい、太い針が無数にはえていて、本当に恐くなった。上の女の人の顔が、微妙に笑っているように見えたのも印象的です。

「人は殺し方を考えたときに最も脳が発達した」というのも、あれだけたくさんの拷問道具を目にしたら納得できる。体中いたくなって、胸が重くなって、暗い気持ちになって外にでました。明治大学あなどれません!!!! 外にでたらむわっとくる暑い風が、とてもきもちよく感じました。


夜は夜で、なななんと紀子さんと下島さんに会えることなってとても嬉しかったです。休みでたまたま逗子に帰ってきてて、いきなり会えることになりました。0時半くらいに池田家にいき、2時くらいまでお話してしまった。一番おもしろかったのが、紀子さんの学校でのあだ名が「しもじ」というもの(うちわネタですみません。笑)
あいかわらずとても幸せそうな2人をみていて、私も嬉しくなってしまいます笑顔


というわけで、本日はチューナー!実はこのチューナーは新手の拷問道具で、どんなに頑張っても一生音程をあわせることは不可能で、ついには吹く者の気を狂わせるという・・・・・・・・・・練習しよ落ち込み

at 00:19|PermalinkComments(0)

2004年07月17日

波乗りジョニーのセレブデビュー。

uxbunqot.JPG本日、午前11時から葉山マリーナでボランティアをいたしました。「障害者のためのマリンスポーツ」ということで、障害者をヨットに乗せてあげよう、というものです。
私は夏に、自閉症の子供と一緒に遊んだり、プールに連れて行ったりするボランティアをします。その時の私のパートナーの女の子がヨット大会に行くというので、私もでかけることにしました。
本来なら、みんながヨットで出かけている間テントで待っているはずだったのですが、「席が一つだけあいてるから、のってきなよ」と、なんとも嬉しいお誘いがあり、お言葉に甘えて私もヨットに便乗させてもらいました!ものすごく気持ちよかった。海に足をひたしたり、少し操縦させてもらったり、とにかくとても楽しかったです。

そういえば全然関係ないですが「DEEP BULE」って映画ご存知ですか?詳細↓↓http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD5393/
この映画は、海の世界をドキュメンタリー仕立で製作したものです。海底5000mの世界を見た人は宇宙へ行った人よりも少ないと言われているそうですが、その5000mの世界がかいま見られるかも!とても面白そう。7月30日に仲良し3人で行くことになっているのですが、興味がある人は是非一緒に行きましょう。場所は六本木ヒルズです。最近廃れている掲示板で「やあやあ我こそは!」と思う人は名乗りをあげてくださいな。海はすごいですよね。なにがすごいって、とにかく広くて大きいのがすごい(笑)

閑話休題

そんなこんなでボランティア。初日にしていろいろ思うことはあったのですが、まだ始まったばかりなので今回はそれについて触れることはしません。これから回数を重ねていき、やっぱり書きたいと思ったらそのときに書きます。

それより聞いてください!実は今日はもう一つラッキーなことがあったのです。夜に都内で用事があったので、5時過ぎの逗子発の電車にのりました。そうしたらなんと偶然、ヨットに乗せてくれたおじさんが隣の隣の席に座っているじゃないですか!!かなり驚いた。
いろいろお話していて、中でも一番うれしかったのは、いつでもヨットに乗せてくれると約束してくれたこと。実は午前に会った時も、「いつでもおいで」といってもらったのですが、なにぶん連絡先なんてしりません。でも今回はちゃんと教えてくれたし、実は明後日も誘われてしまいました。共同出資ですが、個人で船が持てるようなぶるじょわな世界です。私もついにセレブデビューか(笑)!?うひょー。

というわけで、今日もなかなか素敵な一日でした。本日の画像はヨットハーバー!本当はもっと空が青くて、帆を張るとその白さが空に映えて本当に綺麗だったのですが、船からは荷物をとられて撮影できなかったので、停泊しているところです船
小さい頃、よくヨットを想像して絵にかいていましたが、小学生でも描けるような楕円の半分と直角三角形でできた乗り物に、こんなに早く乗れる日がくるとは思ってもみませんでした笑顔

at 16:57|PermalinkComments(2)

2004年07月16日

祭り、熱さ懐かしさ。

oe26wjah.JPG今日は小学校からの親友くんと桜木町で遊んで、その後は同じく小学校からの仲間達と逗子のお祭りに行きました。

お祭り楽しい♪あの、なにか熱いものを内に孕んでいるような独特の空気が大好きです。自分の中にある言葉にならない思いが、祭りが持つ「熱さ」と少しかぶるのかもしれません。。。

人が多くて暑いのにうんざりしなくもないですが、やっぱり一年に一回くらいはこんな日があってもいいですよね。一年に一回くらいはね。

逗子のお祭りに彼女達と来るのも、もう今年で何度目か思い出せないくらい。そういえば、去年のこの時期、マック部屋でデザイン言語の課題におわれていたときも、お祭りのために逗子に帰ってきて、その後再び課題の続きやりに学校にいったのを覚えています。
そんな思い出も、2年ぶりくらいにあった友達も本当にみんな懐かしい。

その後は夜ご飯を食べて、海で花火!
女5人というのも、なかなかのものです。花火をやっていたら、知らない男の子が
「すみませーん、渚で落とした僕の恋を知りませんか?」
・・・・・・・なんていってくるわけでもなく(笑)
「すみません、ライターかしてれませんか?」といってきました。
なんか落としてなくちゃったみたい。とってもかわいい男の子だった。なななんと15歳だとか。15歳の男の子っていいですよね。その年齢をきいて、胸がときめく私は病気なのでしょうか?笑


まー、そんなこんなで、今は隣に寝ている親友の寝顔を見ながら日記を書いているわけデス。彼女は某美容院で働いているのですが、「今帰るよりも、明日の朝早く帰ったほうがいい」らしいので、明日は6時半におきて彼女を駅まで送る予定。
あとどうでもいいことだけど、私がシャワーを浴びてでてきたら、前屈姿勢で寝ていたのにはちょっとびっくりしました。彼女は、眠りの鉄人なので、そんな器用なことができるのも彼女ならではなのでしょう。笑
思わず写メールをとってしまったのですが、嫁入り前の僕のかわいい親友を全世界に公開するのはちょっと気が引けたので、やっぱり本日は当初の予定通り祭りのワンシーン!

耳をすませば、まだ太鼓の音が聴こえてきそう。

at 01:44|PermalinkComments(2)