2004年10月

2004年10月31日

2つのイイコトと1つのワルイコト

喫茶店でお茶を飲んでいたら、知らない番号から一通の電話がかかってきました宇宙人

「大野桂さんですか?」
「はい、そうですけど」
「今、お財布もってますか?」
「えっ…?」

と、ぶしつけな質問にかなり驚いてしまいました。というのも、20分前にカウンターでお金を払ったばっかりだったので、お財布をもってないわけがなかったからです。
もしかして新手のオレオレ詐欺かびっくりはてなと困惑していると、

「あなたのお財布お金がとどいているんですけど」と相手の声。
ますますもってわけがわからなかったのですが、鞄の中を捜してみると、事実お財布がないじゃないですか。

ネタをバラすと、単に私がトイレにお財布を忘れて、それが届けられただけのこと。
携帯番号がわかったのは、園遊会の振り込み控え書にたまたま番号がかいてあったからなんですね。いやー、よかったよかった。いい話です。イイコトです。涙なしには語れないジョー。

それにしてもまさか自分が落とした覚えのないお財布が届けられるとは思わなかったですね。
ちょっとでも詐欺かと思った自分がはずかしい落ち込み
私は人を信じる心を失った、心すさんだ人間です。笑

とにもかくにも、落とした財布が見つかったというのはめでたいことです。
ほっと胸をなでおろして家にかえったら、今度は父親のこの一言。

「悪いお知らせがあるんだけど」
「え、なに…」
「風呂が壊れた」

ガーン。これはけっこう切実な問題です。明日からどうすればいいんでしょう。
お湯がでなくなってしまったようで、手も足もでません。
これが今日大野家に起ったワルイコトです。うぉーん。


…さてタイトルの通り、今日はもう一つイイコトがあります。
私は実はもうそのことを伝えているのですが、皆様お気づきになられたでしょうか?
そう、ブログの機能が復活したのです。わーい。
10月の過去の日記に画像を付け加えたので、よかったら見てみてください。

これで今日からまた画像をアップできるようになりました。
今後もどうかごひいきに音符

at 01:37|PermalinkComments(2)

2004年10月29日

働かざる者、喰える者。

いきなりですが、ずばり2時間8000円です。
ただ事じゃありません。

今日は東銀座というところで、グループインタビューのバイトをしました。
世の中、色々な仕事があるとは思うのですが、
仕事をしないでお金がもらえる仕事があるとは思いませんでした。

目の前にはペットボトルとお菓子。
そして座り心地よいイスに座り、6人で携帯電話についてわいわい雑談すること2時間。
すると、どこからともなく「ささ、奥様」と8000円が手元に(笑)
まさにラッキーとしかいいようのないバイトです。

またさらにびっくりすることに、なんと一緒にバイトをしたその6人の中の一人に
SFCの花田教授の娘さんがいました。

「何勉強してらっしゃるんですかー?」
「学部は一応環境情報学部なんですが、今は心理学勉強してます。」
「あら環境情報学部っていうと藤沢の?」
「そうです、SFCです」
「私の父、SFCで教えてるのよね」
「えええええええええええええええええええええええ」

と、思わず私の驚きの声が夜の銀座にコダマしてしまった。
世の中こんなに狭くていいんでしょうか。

狭い、狭いとはいってはいても、こんなに狭いとはWE DON'T KNOW!
と、思わず飲んでしまいそうになりました。笑

このバイトを紹介してくれた我が偉大なるお姉さまには、もう足を向けて眠れません(ウソ)
いやー、姉妹って本当いいもんですね。笑

at 20:45|PermalinkComments(0)

くたばっちまえ、アーメン

今日学校に向かう途中、ラジオからある曲が流れてきました。

内容は結婚に関する歌。
「ウェディングベ~ル、ウェディングベ~ル」と冒頭からキレイなゴスペルが流れます。
あきらかに幸せの予感。

ところが、この歌は好きな男が別の女と結婚して、その結婚式に招待されている女の歌でした。歌の感じはとてもやさしくて、聞いているうちに「ああ、悲恋の歌なんだな」というのがわかってきます。声は広瀬香味を少し丸くした感じかな。

ネットで検索したらすぐでてきたので歌詞を貼っておきますね。
専門家の2人、著作権とかで問題があるようならすぐ教えてください。

「ウェディング・ベル」 by SUGER

ウエディング・ベル からかわないでよ
ウエディング・ベル 本気だったのよ
ウエディング・ベル ウエディング・ベル

1.
オルガンの音が静かに流れて『始まる 始まる』

お嫁さんが私の横を過ぎる『ドレスがきれい』

この人ねあなたの愛した人は『初めて見たわ』

私の方がちょっときれいみたい『ずっとずっと きれいみたい』



そうよあなたと腕を組んで祭壇に

上がる夢を見ていた私を

なぜなの教会のいちばん後の席に

ひとりぼっちで座らせておいて

二人の幸せ見せるなんて

ひと言 言ってもいいかな

くたばっちまえ アーメン


2.
愛の誓いは耳をふさいでるの

指輪の交換は瞳をとじてるの

神父さんのやわらかな通る声が

遠くに聞こえて ふらつきそうだわ



そうよ あなたから指輪を受ける日を

鏡に向い夢見ていたわ

素顔の自分に言ったの 幸せよって

お化粧する娘はきらいだなんて

あの優しい瞳はなんだったの

もいちど言ってもいいかな

くたばっちまえ アーメン


3.
祝福の拍手の輪につつまれて『私はしないの』

どんどん あなたが近づいてくるわ『私はここよ』

お嫁さんの瞳に喜びの涙『きれいな涙』

悲しい涙にならなきゃいいけど『そうねならなきゃいいけど』



そうよもうすぐあなたは私を見つけ

無邪気に微笑んでみせるでしょう

そしたら こんなふうに言うのよ お久しぶりね

おめでとう とても素敵な人ね

どうもありがとう招待状を

私のお祝いの言葉よ



くたばっちまえ アーメン



聞き終わったあと、思わずニヤリという感じでした。
イマドキノ オナゴハ ツヨイザンスネ。





at 10:55|PermalinkComments(0)

2004年10月22日

学生らしい一日

今日は金曜日。
前にもちらっと書いたように、金曜日は一週間のうちで唯一学生らしい一日です。
毎日が夏休みで人よりも4時間生活時間帯がずれている私にとっては
本当に昔が懐かしくなってしまうような一日。

2限 研究会
3限 SA
4限 部室でホルンの練習
5限 コンサル勤務
夜勤 コンサル勤務

と、このように決まりきった予定で朝から夜まで動いている日は金曜日しかありません。
今週はちゃんと研究会もでました。笑

コンサルはやっぱりシステムが変わって大変だけど、
その分できることも多くなって楽しいです。
しかも昔は暇で暇でしょうがなかった勤務が、
今はお客さんがコンスタントに来るようになって働いている感がきちんとします。
時間が立つのも昔より早く感じますね。
今は共同購入にMacがあるんですよ。
おかげでMacのあれこれも全部覚えなくてはなりませんが、これもオシゴトです。

働かざるもの喰うべからず。

自分がしたことに対して感謝してもらえると、それだけでまた頑張ろうという気になります。
相変わらず風邪気味で、調子はいまいち戻りませんが、
金曜日はなかなかどうして嫌いじゃないです(^-^)

(あぁ、それにしてもいつになったら画像がアップできるようになるのかしら…。
顔文字もリンクも文字を大きくすることも、いまだ何もできません.涙)

at 01:16|PermalinkComments(1)

2004年10月21日

ザ・台風のエジキ

昨日、今日と鍋会でした。そして台風。
実は次の日が三田で授業だったので、いつもなら車でいくところを、この日は電車で湘南台までいきました。そしたらやられた(>_<)!

ザ・台風のエジキ。
逗子の駐車場から改札口までの600mくらいの間に全身びしょびしょになってしまいました。
逗子の田舎をあなどっていた…。なんと道路が海になっていて、足首までどっぷり水につかる始末で大ピンチ。しかも横切る車の水しぶきが切ないまでに頭から降り注いできました(一部誇張あり.笑)。そんな中テクテク歩いているのもなんだから、ダッシュしたらさらにぐっしょり。

あー。ぶるぅだ。

でもこの台風で亡くなった人もいるし、家が全壊してしまった人もいるし、「ぶるぅだ、ぶるぅだ」とはいってられない。ただ風邪は確実に悪化したきがするな。

さて、鍋会といっても今回は鍋が用意できなかったからアロームの出前をとりました。
こんな台風の中ちゃんととどけてくれるなんてちょってアローム最高。
あと今日はけんたろうのお土産の奄美の焼酎があってそれがすごくおいしかった。
けんたろうに感謝です。ありがとう(>_<)

そんなこんなでお酒を飲みつつみんなで大貧民。
いつのまにか「鍋会=大貧民」になってる気がする。笑
でも大貧民大好きだし、なんだかんだいって鍋会は楽しいです。

今日はなんだかとても日記らしい日記デス。

at 20:48|PermalinkComments(0)