2004年12月

2004年12月22日

退屈は最高のスパイス。

今日は体調を崩して以来、実質7日ぶりに外出しました。
行き先は、「アインのクリスマスパーティ@ε22」です木
本気で世界が輝いて見えたキラキラ外の空気を肌で感じられるだけで気分もウキウキです。

ちなみにパーティの前に、定演以来吹いてなかったホルンを少し吹いたのですが、
ものすごく下手になってて、がっかりの前にびっくり。
こんなんでブラームスのトップを吹いたのかと思うと、今さらながらその事実に
本気で恐れおののきます…。

前にも春休み明けに1ヶ月ぶりに楽器をふいたことがあって、
そのときある人に

「シズカチャン ノ ホルン ミタイ ダヨ」

と、かなりショックなことを言われたことがあるのですが、
悲しいことにその言葉を思い出してしまいました悲しい
体調もよくなったことだし、明日からまた一日一音めざしてがんばらにゃぁー。


そんなこんなでクリスマスパーティ!
はっきりいってむちゃくちゃ楽しかったな。1週間ひきこもっていたのもせいもあるのか、
私はあの場にいた誰よりも楽しんでしまった気がします。
ゲームも楽しかったし、お酒も飲まないのにあんなに盛り上がれる団体だったとは、今までしらなかった。笑

やっぱりクリスマスはいいですね。
クリスマスというだけで、みんなに共通のスイッチでもはいるのでしょうか。
サンタさんはやはり偉大でありマス。笑

あと思ったより人もたくさんいて、久しぶりにみんなの顔が見られてたのもよかった笑顔
こんなに大勢でクリスマスを祝えるのは最後かもしれないし(多分40人くらいいた!)、
本当いい思い出になりました。
装飾もすごく凝っていたし、仮装もクリスマスなんだかハロウィンなんだかわからないような格好をした人がたくさんいて笑わせてもらいました。


「空腹は最高の調味料だ」とはよく言われることですが、
もしかすると「退屈は最高のスパイス」なのかもしれません。
だからといって、これからまた7日間寝込むのは絶対に嫌だけどね。苦笑


というわけで、今回は企画してくださった方に心から感謝です!
なんだか、なんだアインの未来は明るいでねぇか、と思わせるような、そんな素敵な一日でした。

at 03:16|PermalinkComments(0)

2004年12月21日

業務連絡→ホトトギス

>主にアインの方へ

アインOPのホルン吹きである栗山さんのHPに「日替わり写真館」というのがあるのですが、
現在定演の写真が次々アップされています!

アイン関係の方、リハ風景など、見るだけでとても楽しいと思うので
ワンクリックをオススメしますよー笑顔
日替わり写真館は更新率が高く、定演シリーズももうすぐ終わってしまうと思うので、
善はいそげだ!笑

栗山さんは現在、某新聞社で記者としてお仕事をしているので
写真の取り方も一味ちがうはず!

さっきみたら、かとしゅーさんとゆきなちゃんとと薫がバイオリン弾いてました。
(…って実名だしていいのかな。笑)

栗山さんのページ↓↓
http://web.sfc.keio.ac.jp/~n01155mk/symphony/index.html

さぁ、レッツクリック。

>みなさんへ

ちなみにこのページの中にある「ほととぎす企画」はむちゃくちゃ面白いので
ついでに乗っけてしまいます!トップから探すのがちょっと大変なので、
ダイレクトにリンクはっちゃおう。
URLは↓↓です。
http://home.catv.ne.jp/dd/kuriyama/symphony/2004newyear/index.html

爆笑間違いなしですよ。笑いたい人は是非クリックしてください。レベル高い。
115もの作品が、鳴かないホトトギスに挑む様は一読の価値あり。
私も土伸さんも徹君も登場しています。
そして私のブログに時々でてくる「焼酎いっぱいぐぃ~」の謎がとけます。笑

いじょ。

at 02:46|PermalinkComments(0)

それでは次のニュースです。

今日もテレビが友達でした。
ここ一週間は、ほぼ毎日寝てるかテレビをみているかの生活です。
か、かなしすぎる…。
これが22歳のあるべき姿なのでしょうか。しくしく。

でも今日は大きく回復の徴候がみられました!
そりゃ、1週間も引きこもって寝てればさすがによくなりますよね。
明日は久しぶりの外出なので、楽しみです。


それにしても、テレビをみていて思ったのですが、
最近殺人のニュース多すぎじゃないでしょうか。

「○月×日 某所で母親が息子に刺されました。」

それでは次のニュースです。

「○月×日 某所で何者かが銃を乱射。4人死亡」

それでは次のニュースです。

「○月×日 放火により3人死亡」

それでは次のニュースです。
それでは次のニュースです。
それでは次のニュースです…。


ニュースを見ていれば見ているほど、人が亡くなる報道を聞かされることになり、
心に重苦しいものが残ります。

情報の回転が速すぎて、内容が右から左に素通りし、
後味の悪さだけが妙に残って気持ち悪い。

それが「いい」とか「悪い」とかいっているのではなく、ただ恐さを感じます。


もちろんみなさん色々思うことはあると思います。
ただこの数日間、タイミングも悪かったと思うのですが、
あまりにも多くの方が亡くなるニュースを毎日立て続けに見てしまったので
こんなとりとめのない変なことを考えてしまいました。

情報がどういう形で伝えられるにせよ、「事実」はやはり残酷ですね。。


at 02:36|PermalinkComments(0)

2004年12月20日

病気→暇→イイ話

人間はなんて都合がいい生き物なのでしょう。
毎日あれだけ「休みたい、休みたい」といっているのに(そんなにはいっていない)、
いざ毎日何もすることがない日々が続くと、暇で暇で仕方ありません。

4日間家で一人ひきこもっていた私が唯一外にでたのは、
向いの家の塀にかかっていた自分の緑のマフラーを取りにいった時くらいです。
今考えても、なぜ向かいの塀に自分のマフラーがかかっていたのかわからない…。
しかも「あれは一体なんなんだろう?」と4日間自室の窓から眺めつづけていた自分も謎です。笑

そんなこんなで無常の4日間。
「自分は世界の誰からも必要とされていないんじゃないだろうか」
と錯覚させるような4日間でした…。


ちなみに申し遅れましたが体調はだいぶ回復しました!
ただまだとても飲めるような状態じゃないので、今一歩という感じです。
その前にちゃんと食べられるようにならなくては。笑
気にかけてくださった方々、本当にありがとうございます。


また、今日は私も一緒に行くはずだったコンサルの卒業旅行に出かけていた友達から、
「体調は大分良くなった?みんなでおみやげを買ったのをバッキ-に預けたのでもらってね」
と、涙が出るくらい嬉しいメールをもらい、8行上の自分の愚かさを知りました。
みんなありがとう。号泣

そして、今日わざわざ遠くからお見舞いにきてくれた、そこのあなた。
ありがとう、ありがとう、ありがとう。正直本当にウキウキでした。


最後に、
子どものとき、病気になるといつも甘やかしてくれた母親は現在フロリダにいます。
私も自分で運転して一人で病院に行くようになりました(今回は無理だったけど)。
でもなんだかんだいって、自分が本当に苦しんでいるときには支えてくれる家族に感謝です。

この年になって、ここぞとばかりに胸をはってわがままを言えるのは
なんだか楽しいですね(おっと)。

これを期に、「お寿司が食べたいの。ホルンも欲しいの」といってみたら
お寿司はでてきましがた、ホルンはでてきませんでした。残念。笑

at 02:07|PermalinkComments(2)

2004年12月18日

究極の休息。

究極の休息とはなにか。今日は休息についてのお話デス。

定期演奏会の興奮も冷めやらぬうちに、16日未明、突如原因不明の吐き気と腹痛に襲われてしまいました。体力の消耗から疲れたのか、そのまま朝まで眠りにつき、目覚めたらまた苦しみの続きが…。家には誰もいないので、「なんでやねん」と苦しむ自分に一人ツッコミ。しかも悲しすぎることに、トイレでゲボゲボやってたら、便座が落ちてきて頭に激突。みなさん、どうかかわいそうな私のためにせめて笑ってやってください…笑

本気で死にたくなりましたが、死ぬ前に病院に行くことにしました。ただとても自分一人じゃいけないので、おばあちゃんに様子をみにきてもらい、結局病院に運んでもらう形となりました。
おばあちゃん、ありがとう。涙


原因不明の腹痛と吐き気は、やっぱり原因不明。同じような症状の人が増えているらしいのですが、原因の特定は出来ません。ただ消耗が激しいので、点滴を打たれてしまいました…。人生初の点滴です!

「点滴ってずっと腕に針がささってるんだよね。。すごい痛そう。絶対やりたくないな(>_<)」

とずっと思っていたのですが、まさかこんな形で点滴を打たれるとは思ってもみませんでした。看護婦さんの、

「最初はちょっと痛いかもしれませんよ~」

という恐怖の言葉。「痛くないですよ」といわれるのも嫌ですが、「痛いですよ」といわれるのも嫌なものですね…。

ただ、実際は他の場所が痛かったためか、点滴はそんなに痛く感じませんでした。
でも、「てやんでぃ。点滴がなんでーぃ」と冷や汗たらたらの額に笑顔で余裕こいていたのは束の間、あまりにもゆっくり落ちる点滴の液体をみていたらまたげんなりしてしまいました。

「これが全部終わるまで待っているのか…」と最初は思っていたのですが、なんと、次の瞬間気が付いたときには点滴は終わっているじゃないですか。さらに看護婦さんに「疲れてたらもうちょっと眠っていてもいいのよ」と優しい言葉をかけられ、びっくりしてしまったのはこっちのほうです。どうやら点滴をしている1時間あまり、寝こけてしまったみたい。一日20時間くらい寝ていても、まだ眠れるから病人は偉大ですね。

医者が「疲れかもしれないですね」といっていたけど、定期演奏会であんなに楽しんだのに、やっぱり疲れていたのでしょうか。まーとにかく血液検査の結果もなんともなかったので、ひとまず安心です。

あぁ、それにしてもはっきりいって定期演奏が終わってからここ1週間、ほとんど何もしていません落ち込み
でも病気になったということは、やはりそれだけの休みを私が必要としていたのだとひらきなおろう!おかげて楽しみにしていたコンサル旅行もいけなくてふんだりけったりですが、とにかく人生休めるうちにおもいっきり休んでしまおうと思います。

みなさんもお体にはくれぐれもお気をつけて。

at 18:29|PermalinkComments(2)