2005年02月

2005年02月07日

ひとりごと

最近忙しい。

何か一つの大きなことに立ち向かっているならまだいいんだろうけど、
中くらいのことに4つも5つも立ち向かわなくてはいけないから混乱する。

ホントの自分がどこにいるのかわからない。
ホントの自分が何をしたいのかわからない。
何がわからないのかさえ、わからない。

私が私自身から遠く離れて、どこかしらない場所にいってしまったみたい。
早くみつけてあげないと、ちょっと大変なことになってしまうんじゃないだろうか。

迷子の迷子の子猫ちゃん。あなたのおうちはどこですか。

at 02:41|PermalinkComments(0)

2005年02月06日

金曜夜勤ギャラリーへようこそ

金曜日は最後のコンサル夜勤でした。

以下、長い長い感想文です。笑

本当に足をひっぱってしまったけど、3年間のコンサル業務はとても楽しかった。
自分に与えられた「特別なチャンス」みたいな感じで、
自分も成長することができたと思います。
さんざん迷惑かけてきたけど、かけがえのない経験ができました。
大野桂物語に、ゆずれない章の一つとして、間違いなく永遠に残るだろう。
もし私が人生を走馬灯のように思い起こすことがあるとすれば、
そのワンシーンにはかならずコンサルタントをしている姿が残るだろうな(大げさ。笑)
SFCに戻ってきてメディアセンターを見るたびに、たぶん私は人とはまた違った形で、
この電磁波だらけの建物を眺めることができそうです。

さて、そんな中。
コンサル勤務最後だということで、なんと後輩がプレゼントをくれました(>_<)
まったく不意打ちの出来事で、本当に本当にびっくりしてしまいました。
コンサルタントには深くコミットしてこなかった自分にとって、
まさに突然のサプライズプレゼントです。
感動して胸がいっぱい、何もいえなくなってしまいました。
私は昔から人の一言一句、一挙一動に、ものすごく影響されてしまうタチなのですが、
だからこそこんなささやかなプレゼントが、
「あぁ、生きてて良かった」
と心から思えるほど嬉しいです。
みなさん、3年間本当にありがとうございました。
色々悩んだけど、とにかく楽しかった。私にいえるべき言葉はそれだけです。

今回は特別に金曜夜勤ギャラリーをお楽しみください。私顔がにやけてる。笑

s-s-PICT0043.jpg 




←仕事をするフリをしている私。笑

s-s-PICT0044.jpg





金曜夜勤メンバ→


s-s-PICT0046.jpg



←もらったヒヨコの人形とMac





s-s-PICT0050.jpg


もらったヒヨコ。持ち主にちなんで
名前は「そば」ちゃん。
マジかわいい。嬉しい。
ぴよぴよぴよぴよ.笑 →





s-s-PICT0053.jpg



←メディアセンターのおじさんも定年で、
  この日が最後のお仕事の日。
  思い出にみんなで一枚。
  私がもっているのは『貸し出し・返却』の
  プレートです。笑

at 20:10|PermalinkComments(4)

2005年02月04日

仙川・追記

img20050204.jpg
仙川。

仙川といえば、仙川二郎。

というわけで、不動産めぐるついでに二郎仙川店にいってきました。

店長さんが代わってからは味もだいぶ代わってしまった、
というのが地元のラーメン通のお話でしたが
たしかに目黒のほうがおいしかったかもしれない。

二郎って、あんなにこってりしてるのにスープが意外と薄味に感じるから不思議デス。



ところで、みなさん。
世の中には「ジロリアン」と呼ばれる人々がいるのはご存知ですか?
先日googleで「二郎」と検索したら、実にさまざまなことがわかって面白かったです。


一部抜粋

----------------------------------------------
ラーメン店は数多かれど、これほど熱狂的に愛される店、いやブランドはないのではなかろうか。それが「ラーメン二郎」である。普通にラーメンが好きな人なら「今日はラーメンが食べたいなぁ。どこのラーメン食べに行こうかなぁ?」と考える。しかし、二郎好きは「今日は二郎が食いたいなぁ。どこの二郎を食いに行こうかなぁ?」と考えるのである。この場合に二郎以外の他のラーメン店では代替できないのだ。そういう人達を一部ではジロリアンと呼ぶ。

また、「二郎はラーメンにあらず、二郎という食べ物也」という格言?もある。これは常識的に考える「ラーメン」とはいろんな点で違うからである。いや違いすぎるのである。具を見てもラーメンには当たり前のように入っているネギやメンマがない。代表的な具であるチャーシューの呼び名が“豚”である。「チャーシュー」という呼び名から想像されるものがここ「二郎」では出てこない。“豚”という言葉がぴったりくる肉の塊なのである。 ……云々。
------------------------------------------------


本当、これほどマニアックなラーメンも少ないと思う。
「ジロリアン」って考えてみるとすごい言葉ですよね。
二郎の味とは関係なく、「私はジロリアンです」とは口外しにくいものがある。笑

ちなみに私の周りには3人のジロリアンがいます。
心あたりのあるそこの君!あなたのことですよ。ふっふっふ。



ただ二郎もさることながら、そろそろ新しいラーメンを開拓したい気分。
どこかおいしいところがあったら、是非教えてください♪
特に、都内組み!
どこかいいとこないですかー。







at 21:27|PermalinkComments(0)

2005年02月03日

まぶしすぎて見られない。

只今、午前、8時、40分を、おしらせします。ぴーーーーー。

…今日も今日とて朝が早い。
しかし、今までの私とは大きな違いがあります。

すなわち。

私は昨日0時に寝て、今日は6時に起きました。
この日記は朝 “起きてから” 更新しています。

逗子駅と仙川駅は遠い。
というわけで昨日は笹塚に住む、先輩の家にお世話になりました。


ところでこの先輩。
いままではお酒、タバコ、不規則な生活も当然とされる
いわゆる世間一般的な24歳のサラリーマンでした。
しかし、少し会わないうちに超★健康人になっていて正直驚きました。
夜は11時寝、朝は5時起き。朝7時に出社して仕事。
タバコもやらない。お酒もやらない。
その徹底したストイックぶりには目ん玉飛び出ます。
しかも3週間目だときいて、さらにびっくり!!

今まではこっちサイドの人間だったのに、
もう遠い世界の住民になってしまったのね…。
私にはもうまぶしくてまっすぐみられません。笑

でも、家主の生活リズムを私ごときが崩すわけにはいかない。

そこで今日だけ私も一緒に早寝、早起きしてみました。
夜0時に寝て、朝は6時起き。
「こんな生活は自分には絶対に無理だ」と思ってたけど、やればできるもんですね。
しかもすごく気持ちい(でもちょっと眠い)!
寝る時間帯をかえるだけで、こんなにも自分のことが好きになれるとは。
まだ9時なのに、もう起きてから3時間もたっているなんて信じられません。

これから2度目の仙川不動産めぐり。

早寝早起きをこれみよがしに日記で自慢しているあたりが情けない限りですが、
いつか私も輝ける日が、果たしてやってくるのでしょうか。。。

at 08:39|PermalinkComments(0)

2005年02月02日

家探し

いきなりですが、イエ探しです。
ヤ探しじゃありません。この2つは大きく意味が違う。笑

私は最近いろんな悪い事をしていますが、いくら私でもそんな根クラなことしない。
大野家に秘密の埋蔵金でも隠されてるならまだしも、
残念ながらうちは一般庶民です。笑

そう、「家探し」
私は春から大学院に通う事になっているのですが、
大学院がある京王線仙川駅は、私が住むJR線逗子駅からはうまくいけば電車で1時間半。
door to doorで考えると、2時間以上かかってしまいます。
毎日通うにはちょっと厳しいラインです。

そこで偉大なる親の偉大なる好意に甘え、春から一人暮らしをすることになりました。
ありがとう、ありがとう、ありがとう。


そんなこんなで今日は一日仙川の不動産屋めぐりをしました。
自分の家を探すというのは、とても不思議な感覚ですね。
家を実際見て、そこに自分が住んでいる想像をいくらしても、
まったく実感が湧きません。

大学の時から一人暮らしをしている人には当然のことかもしれませんが、
22年間親元でのほほんと過ごしてきた私にとっては本当に一大事。

本当は、「へん。そんなのたいしたことないもんね」なんて
でんと構えていたいのですが、やはり期待に胸が膨らんでしまいます。
仙川の街を結構みてまわったけど、好きになれそうドキドキ大

今日は時間の都合上、8軒しかまわれなかったのですが、
なかなか素敵なところがありました。
ただ期待モードは加速していくのですが、そんな私の夢見心地の気分を
いっきに現実に引き戻してくれるのはやはりオカネの問題です。
現実は厳しい。

今日一日仙川を巡り、明日もまた巡ってこようと思います。
根が面倒くさがりなので動き出すまでは時間がかかるのですが、
一回やりはじめるととことんやってしまうタイプです。
再び「もうやだ」と思う前に、あっさり決まるといいんだけども。

at 07:02|PermalinkComments(6)