2005年06月

2005年06月20日

僕の孤独に立ち入らないでくれ

他愛のない戯言です。しかもちょっと内省的。


みなさん、なぜ“ミスチル”こと Mr.Children がこの名前になったかご存知ですか?
私は常々、「Mr.Children なんてセンスのある名前だなぁ」と思っていました。
実はこれには一つの写真集が関係してるのです。

ボーカルの桜井さんが小さい頃、家である一冊の写真集をみつけました。
タイトルは「Children」。日本語訳では「世界の子どもたち」。
Mr.Children の Children とは、この子どもたちからとられました。


先日先輩にその写真集をみせていただきました。
この写真集では、切り取られた世界の日常風景に、短い詩がついています。
そしてその中に一つ、とても印象に残る詩を見つけました。

それがタイトルでもある “僕の孤独に立ち入らないでくれ” です。
この詩は、茂みの中に隠れている男の子の写真の横にちょこんとついていました。

はっきりいってこれを読んだとき、どきっとしてしまった。

というのも、私は前から「人間の最大の敵は孤独だ」と考えていたからです。
そしてそれを信じていたからです。
でもなんだか今までの考えを全否定された気がして、この詩が頭から離れない。

もちろん私も一人でいるのは好きなので、「もぅ心の中に入ってこないで」という気持ちはとてもよくわかります。でもそれは孤独とは違う気がする。つまり、「一人でいたい」のと、「一人になってしまう」のは同じ文面では語れないのではないかということです。孤独でいるのと、孤独になってしまうのは、やはり別物なのではないでしょうか。

でも、そんなこと差し引いても、この一節には頭をガンと殴られたような衝撃があった。
「そうか、そういう考え方もあるよね」と妙に納得してしまったんです。
手を差し伸べるのが癒しになることもあれば、そっとしておくこともまた癒し。
そんな当たり前のことがわからないくらい、私の目は曇ってしまったのでしょうか。苦笑

今でも人間の最大の敵はやっぱり孤独だとは思うけれど、孤独を選んだのか、孤独に選ばれたのか、その違いを混同してはいけないのだと思いました。人間の心は難しいですね。

at 21:28|PermalinkComments(2)

2005年06月16日

宣伝の続き(はぁと)

昨日のコメントで、「詳しい放映時間を教えてくれ!」というご意見をいただきました。
ありがとうございます!
私自身把握していなかったので(おい)、不十分な情報を流してしまってすいませんでした(>_<)
今度はがっつり調べきましたまる
以下の予定で放映されるので、お暇でしたら是非みてやってください。
日本一熱い男の生き様が垣間見れるかも。笑

【今後の出演予定】
1. 6月18日(土) 21時~21時
   NHK教育「すくすく子育て」


⇒5分ほどの出演予定です。先ほど番組のHPをみてましたら、すでにトップに病児保育のことが書かれてあってびっくりしました拍手


2. 6月24日(金) 19時半~22時
   6月25日(土) 19時半~21時 と 21時15分~23時
   NHK 「人口減少社会シリーズ」


⇒こちらは二夜連続のNHKの生番組です。代表の駒崎さんが、コメンテーターとして出演します。
  こちらも詳しくは番組のHPをご覧ください拍手


と、今のところ進捗状況はこのような感じになっています。
もし見た方がいらっしゃいましたら、ぜひ感想を聞かせてくださいねキラキラ


それにしても、昨日一人暮らしを始めてついに徹夜してしまいました。最近不健康がまた流行りだしてます。しかも授業が夜まであるから昼寝もできん。明日は朝からバイトだから寝坊もできぃぃぃーん。プロジェクト・ミーティングに時間を割きたいのはやまやまなのですが、現実はやはり厳しいようです。学期末のりきれるかかなり不安な毎日をどきどきしながら今日もなんとか生きてます星

at 16:45|PermalinkComments(0)

宣伝です。

私は現在、いくら忙しくても忙しくても忙しくても、最大限に時間を割きたいと思っているプロジェクトの立ち上げメンバーとして頑張っています。

その名も「しながわこども未来会議」。

すごく簡単にいえば、地域で子育てを支えていこうというこのプロジェクト。
この地域とはただの地域にあらず、企業、教育機関、住民、NPO、行政など、あらゆる機関を網羅した意味での地域であり、つまり産官学住パートナーシップ連携モデルというわけです。
そして支援の具体的なツールは、だれもが持ってる携帯電話。
携帯電話で一体どこまでできるのか、現在に、未来に、そして自分に挑戦。


このプロジェクトのブログをリンク貼っておくので、よかったら時間あるとき時々チェックしてみてください。10月26日めざして、日々精進です。

「しながわこども未来会議」
http://blog.drecom.jp/portal-site/



また、NPO法人フローレンスもよろしくお願いします。
フローレンスはこの前WBSにとりあげていただいたのですが、今度、きたる6月18日(土)にNHK教育テレビ「すくすく子育て」に出演することになりました!!また、24日、25日にはNHKが企画した少子化対策の二夜連続生番組に代表がコメンテーターとして出演します拍手

フローレンス代表の駒崎弘樹さんは、私がその能力を一番信頼している人物であり、同時に尊敬している人物です。やつの行動力には本当に目を見張るものがある。この前「オレはおまえの人生カウンセラーだから」といわれて、思わずホロリときてしまいました。

たくさんたまっている借りは、私自信の成長とともに、行動で返していきたいと思っています。


at 01:53|PermalinkComments(1)

2005年06月11日

人生はメリーゴーランド

今日は大学時代の先輩のコンサートの行きました。新宿の小さな地下スタジオを借りての内輪な演奏会なのですが、アットホームな感じがとても素敵だった。曲目も、ピアノから声楽、クラシック、ジャズ、映画音楽と幅広く、予想以上に楽しめました。思わぬ懐かしい面々に会えたのもよかったし、休憩時間にコーヒーとお菓子がでてきたのもハラペ子の私にはマンモスうれしかったッス(死語)笑

さて、今回の演奏曲目の中で一つ「人生はメリーゴーランド」というタイトルの曲がありました。

…そして、思いました。


そんなのは嫌だと。


だってぐるぐる回るだけの人生。いつまでたっても同じ風景なんて面白くない。私は小さいころからメリーゴーランドというものがあまり好きではありません。ファンタジーの象徴みたいな感じが、確かにそれを見るものを楽しい気分にさせてくれます。でも乗っているとすぐに飽きてしまうんですよね。しかもなんだかオルゴールの人形になったみたいで、人にみられている気がするのも苦手なのです。しかもよくよく見ると、馬の顔がけっこうリアルで恐かったりする。笑

…とにかくそこで考えました。


じゃあ、人生を遊園地にあるものに例えたら何かなぁと。


いろいろ考えました。いくつかあげてみます。

「人生はジェットコースター」…ジェットコースターは大好きだけど、もっと味わい深くありたい。
「人生はコーヒーカップ」…めまぐるしさがメリーゴーランドより切ないと思う。
「人生は観覧車」…一瞬いい感じなんだけど、しょせんメリーゴーランドたてただけなんだよね。
「人生はピエロ」…おもしろいけど、よく考えると悲しい。
「人生はお化け屋敷」…ってかお化け屋敷が平気な人の心理がわかりゃん。
「人生はドドンパ」…心臓に悪い。
「人生は富士急ハイランド」…いきたいYO。笑

なんて、いろいろ考えたのですが、なかなかしっくりくるのが思いつきませんでした。笑

もしかしたら人の一生は遊園地にあるようなもので例えられるものではなく、
そもそも遊園地で一日遊ぶようなものなのかもしれません。

人生最後の瞬間に、「じーちゃん、私の人生は遊園地のようであったよ。むにゃむにゃ」

なんてちょっとお気楽ですが、冬の鵙みたいに達観ばっかりしてないで、自分に与えられた楽しみを、自分が得られる喜びを、素直に楽しめればそれで人は幸せなのかも。


いつまでも隣の芝生は青いし、いつまでもメリーゴーランド的堂々巡りは続くけれど、
それでも人は生きていかなくちゃいけないわけで、どうせ生きていくなら、やっぱり色々な意味で、楽しくありたいと思う今日この頃です。むにゃむにゃ。

at 03:42|PermalinkComments(4)

2005年06月06日

家族の肖像

第1と第3日曜日は、逗子のオケ練があるので、実家に帰ります。
実家が2時間くらいでかえれる場所にあるというのは、もしかしたらすごい幸せなことかもしれません。おいしいものタダで食べられるし、日用品買ってもらえるし、お米代ももらえるし………じゃなくて、単純に家族と猫会えるのは嬉しいからです。やっぱり家は落ち着きますね。あんなに居心地の悪かった汚い家でも、いまとなっては愛しいばかり。ははは。

でも!!

今回実家に帰ったら、私の部屋まで大野家の魔の手がのびてきていて正直泣きそうでした。つまり部屋が荷物置き場になりつつあったんですね…。今まで物置き場は姉の部屋の特権だったのに、とうとうココまで来たかという感じデス(>_<)うきー。これはここで歯止めをかけなくてはっ!というわけで、掃除掃除のまた掃除。実家の部屋は引越しのときにバタバタしてしまって、ちゃんとキレイにできなかったので、調度よい機会でした。

そして掃除が一段ついて、姉の部屋がどんなになっているのかチラっと除いたら、なんとキレイになっているじゃないですか!なるほど、つまり私の部屋に置かれていたものは、全部姉の部屋から流れてきたんですね。先週姉が実家にかえったからでしょう……このやろう。笑
というわけで、今回、荷物は姉の部屋と半分こにしました。本当は全部姉の部屋にお返ししたかったのですが、それだと歴史は繰り返すばかなので平和的解決方法をはかりました。うちら姉妹は世界で一番仲のいい姉妹なので、荷物もきっかり半分です。笑


はてさて、家をでてから「逗子・鎌倉は本当にいい街だな」と改めて気が付かされる機会はとてもおおいです。最近では逗子のホールと図書館がリニューアルして、とてもキレイで使いやすくなりました。実は今回のオケ練は、まだ一般公開前の逗子のホールで練習をしたのですが、とてもよく響くいいホールだった。9月に喜びの歌が鳴り響くのが楽しみです。
私はこの街が本当に心から好きなのだと思います。将来は絶対にココに住みたいな。


時間がたつのは相変わらず早くて、逗子の家をでてから、もう3ヶ月目に突入しました。今の家は大好きだけど、やっぱり帰る場所があるのは幸せなことです。週末はもお世話になりました。また一週間、ちゃんとお米かって頑張るよまる

at 18:52|PermalinkComments(3)